ドリーミンアイリッチとアイプチの違いとは!?二重の効果は同じ?

女の人が誰でも思うこと、それは「可愛くなりたい」とか「美人になりたい」ということではないでしょうか。
可愛くなれば交友関係も増えて楽しいですし、ファッションをより楽しむこともできて人生が潤うようになります。
そんな可愛い・美人にどうしても欠かせないのが「二重まぶた」ですが、世の中には一重まぶたの女性も多いです。
そんな女性たちは可愛くなることはできないのか・・・と言えばそうではなく、一時的に二重にしたり、一重まぶたに二重の線を癖付けて自然な二重にすることだってできます。

そんな一重まぶたを自然な二重にすることができるのが「ドリーミンアイリッチ」です。
ドリーミンアイリッチは寝る前に二重にしたいラインに塗ってそのまま寝ることで、夜の間に二重ラインの癖を付けていく”二重まぶた美容液”です。
二重まぶた美容液なので、まぶたを二重にするだけでなく他の部分より薄くデリケートな肌であるまぶたを優しくケアすることができます。アイメイクなどで日々ダメージを負いやすいまぶたに潤いを与え、老化を防ぎます。

それ以外にも、二重まぶたにする方法はあり、代表的なものに「アイプチ」があります。今回はそのアイプチのメリット・デメリットを紹介します。

 
>>ドリーミンアイリッチの詳細はこちら

ドリーミンアイリッチよりアイプチは簡単?

一重まぶたを二重にする代表的なアイテムであるアイプチには様々なものがありますが、そのメリットとデメリットとは何でしょうか?

 

アイプチのメリット


アイプチのメリットとして、

・安い
・どこでも手に入る
・使い続けることで自然な二重になることがある
・価格が安い

アイプチのメリットは何と言ってもどこでも手に入るということではないでしょうか?その分手軽に行える感覚があります。
そして価格が安いのでお財布にも優しいのが特徴です。

 

アイプチのデメリット

・慣れるまで難しい
・アイプチを使ってるのが分かりやすい
・コンタクトレンズを付けている人には辛い
・ドライアイの人も辛い
・肌荒れなどの肌トラブルの原因になりやすい
・使い続けることでまぶたがたるんでくる

アイプチを使うと一重まぶたを二重にすることができますが、不自然になってしまうことも多いため、一重まぶたを無理やり二重にしていることがバレやすいです。
バレたとしても可愛ければ問題は無いと思いますが、バレやすいということは不自然な目元になっているということなので、「バレる=可愛くなれていない」ということになってしまいます。

また、アイプチは一重の時よりも目を大きく開かせるため通常の状態よりも目が乾燥しやすくなります。ですのでコンタクトレンズを普段から使ってる人がアイプチを使うと、乾燥が辛くなってしまう事も多いようです。
同じ理由で日頃から目が疲れていたりなどでドライアイ状態になっている人もアイプチは辛い場合が多いようです。

そしてアイプチは一重まぶたを二重にすることを目的として作られているため、肌へのダメージはあまり考慮されていません。まぶたの皮膚の厚さは0.5mm~0.6mmほどと、顔のほかの部分の皮膚と比べると厚さは3分の1ほどしかないので、アイプチを使い続けることでアイプチによりまぶたの肌へのダメージが蓄積され、肌荒れなどの肌トラブルの原因となってしまいます。

(参考:https://matome.naver.jp/odai/2140693455519786701
 

アイプチの使い方とコツ


アイプチにはメリットもあればデメリットもあり、その両方を正しく理解した上で使うことがうまく使うコツであると思われます。
また、アイプチは何度も使って使い慣れれば自然な二重まぶたを作ることも可能です。
そんなアイプチを使い方としてどうすれば効果的になるのかの一般的な方法を紹介します。

 

アイプチの使い方

まず、まぶたの皮膚の皮脂や汚れをきれいなコットンで拭き取ります。まぶたが汚れているときれいな二重まぶたにならないことが多いので、まぶたの汚れを取ることは地味ですが非常に重要です。面倒ですがこの作業は手を抜かずにやりましょう!

次に付属のプッシャーをまぶたに軽く押し当てて、二重を作るための好みのラインを決めます。
この時、二重の幅を広くしすぎるときれいな仕上がりにはならず、不自然になってしまいます。目元の雰囲気は人により違いますが、大体まつげの生え際から5~7mmくらい上が自然なラインになることが多いです。

二重のラインを決められたら、目を半目の状態にし、ラインを中心にしてアイプチを半月型にムラなく薄く塗っていきます。

目頭や目じりの方には塗り広げないようにしましょう。塗る範囲が広いと皮膚が引っ張られて不自然になることが多いです。とにかく厚くは塗らず、薄くムラが無いように塗るのがポイントです。

アイプチが乾いて半透明になるまで、目を開けずに半目の状態をキープします。

その後、アイプチが乾いたら二重のラインにプッシャーを軽く当てて、目を開けます。
プッシャーを当てる時に二重の食い込みにプッシャーを深く入れてしまうとプッシャーにのりが付いてしまい、そのせいでよれてしまいます。そうならないよう、プッシャーは軽く当てるようにしましょう。

その後、一度プッシャーをゆっくり静かに外してみます。

まだこの段階ではまぶたの両端はしっかりとくっついてはいません。ですので目頭や目じりの方はプッシャーを使って何度か軽く押し当てて形を整えましょう。

以上です。
もしアイプチの液だけあってプッシャーは紛失してしまったという場合は、ヘアピンでも代用が可能です。

アイプチは使い方に慣れていないうちはうまく出来ないことが多いですが、使い方を覚えて慣れていけば自分の好みのラインも理解できて手際もよくなり、きれいなラインを作ることが出来ます。

 

アイプチの注意点

アイプチはどこでも手に入れやすく、また販売価格も安いので気軽に購入して使うことができます。そして使い始めて最初のうちは難しいことも多いですが、慣れればうまく二重を作ることができるようになります。
しかし、そんな手軽で便利なアイプチですが使う上で注意しなければならない点があります。

それはアイプチ使用による肌荒れなどのトラブル。

アイプチにはまぶたを固定するために接着剤が入っていますが、この成分が肌への刺激となって皮膚の炎症を引き起こしてしまうことがあります。もしこのような症状が出た場合はすぐに使用を中止する必要があります。
もしそのような肌トラブルが起こっているのにも関わらずそのまま使い続けていると、当然ですが症状が悪化して肌に深刻なダメージを負ってしまいます。ですので肌に炎症などのトラブルが起きた場合はすぐに使用を中止し、皮膚科で診てもらうことをオススメいたします。

また、商品によって自身の体質に合う合わないがあるため、自分にはどのアイプチが問題なく使えるのかということを調べて知る必要があります。
しかし、肌が元々弱い人はどのアイプチを使っても接着剤の成分によって肌にトラブルが起こってしまう可能性が高いため、その場合はアイプチで二重まぶたを作る方法は諦めて他の方法で二重まぶたを作る方が良いでしょう。

 
>>ドリーミンアイリッチの詳細はこちら

ドリーミンアイリッチは肌に低刺激


上述したように、アイプチにはメリットがある反面デメリットも多く、慎重に使わないときれいな二重まぶたを作るどころか肌にダメージを与えてしまって、メイクどころではなくなる状態になってしまうこともあります。

しかしドリーミンアイリッチは”二重まぶた美容液”で美容液の成分をぜいたくに配合しています。
しかも寝る前に二重にしたい部分に塗り、あとは寝て放置するだけ。使い方が簡単で肌にも優しいので、二重まぶたを作りたい時にドリーミンアイリッチを使うのはオススメな方法と言えます。
二重まぶたに関して悩みがある方は一度ドリーミンアイリッチをお試し下さい♪

>>ドリーミンアイリッチの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です