ドリーミンアイリッチの危険性は?使用されている成分調べ

毎晩寝る前に使うだけで、簡単にまぶたに二重ラインをクセづけすることができ、腫れぼったい一重もぱっちりとした二重まぶたにすることができる「ドリーミンアイリッチ」。

一重というだけで目の印象は良くならず、別にそんな事無いのに「機嫌が悪いのかな?」とか「睨んでる?」と思われることもあります。
そんなデメリットの多い一重まぶたですが、ドリーミンアイリッチを使えば自然な二重まぶたにすることが出来てかなり便利です。

でも、効果が強いと逆に刺激が強かったり肌が荒れたりしないかな?と思ってしまいますよね。
そこでドリーミンアイリッチにはどんな成分が使われているのか、また危険性は無いかなどを調べてみましたので、購入を検討されている際は参考にしてみて下さい。

>>ドリーミンアイリッチの詳細はこちら

ドリーミンアイリッチに含まれている成分は?

多機能保湿成分リピジュア

リピジュアの特徴

リピジュアとは、人工的に作られた保湿成分でヒトの細胞膜を作るリン酸の研究から生まれ、保水力が高いのが特徴となっています。
リピジュアはもともとは保湿目的で開発されたのではなく、人間の人工組織(皮膚や臓器など)を作るために開発された物質です。
しかし作っていく過程で高い保水力があることがわかり、主にスキンケア化粧品などに使われるようになりました。さらにその保水力を活用してコンタクトレンズの保存液などにも使われています。

保水力が強力な成分として「ヒアルロン酸」が有名ですが、リピジュアはそのヒアルロン酸の約2倍の保水力を持っていると言われ、ヒアルロン酸よりも保湿力に優れています。そして水で洗い流しても保水性は失われずそのまま保たれるので、リピジュアが配合されている化粧品を使い続けることで、クレンジングや洗顔の後でも乾燥しにくい肌になる可能性があります。

リピジュアの効果


リピジュアは肌に対して保湿効果とバリア機能をサポートする効果があります。高い保湿効果があるため肌にハリが生まれ、シワやたるみを予防・改善する効果が期待できます。
また、肌のバリア機能をサポートする働きですが、肌には紫外線などの外部からの刺激に対して肌自らを守るバリア機能があるのですが、体調不良などによりこの機能が低下することがあります。リピジュアを肌に塗ると、このバリア機能に似た保護膜を肌表面に形成することができるんです。これにより、肌の調子が良くない時でもリピジュアのバリア機能で外部の刺激から肌を守ることができます。

 

7種類の美容成分


ドリーミンアイリッチには7種類の美容成分が配合されています。毎日繰り返すメイクやエイジングによるまぶたの「たるみ」「ゆるみ」「くすみ」など、目元のあらゆる変化にアプローチします。

ローヤルゼリー

老化の最大の原因と考えられている活性酸素。これが体内には潜んでいるのですが、ローヤルゼリーにはそれを排除する「抗酸化物質」が含まれているため肌を若返らせる働きがあります。
この若返り物質は他では摂取することができないのでかなり貴重な摂取源となります。

 

ゆず


ゆずにはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。これらには
・シミやシワの原因となる肌のターンオーバーを正常にしてくれる働き
・コラーゲンの生成を助ける働き
・老化の原因となる活性酸素を除去する働き
があります。

 

ビタミンC誘導体


ビタミンCには、活性酸素を抑える抗酸化作用、できてしまったメラニンを還元する作用、新陳代謝を促す作用、皮脂分泌のコントロール作用、コラーゲンの生成促進などの優れた美肌効果があります。

 

オタネニンジン


肌のるかを食い止める働きがあります。オタネニンジンエキスを含む化粧品を1ヶ月以上連続で使うことで、ハリのある皮膚になる効果もあります。

 

アセチルテトラペプチド


目元のケアに働きかけるペプチドです。血流を良くし、血液、リンパの循環を促進させm表情筋を緩和し、目の下のクマ、目元のたるみ、アイパックの縮小にパワーを発揮します。

 

アセチルヘキサペプチド


即効性はないですが、使い続けることで表情ジワの原因となる物質の分泌を抑制し、神経細胞野活動を和らげ、筋肉の収縮を減少させ、表情筋の緊張を緩める作用があります。

 

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しています。水分の保水力保持やクッションの役割をし、細胞の組織を守っています。ヒアルロン酸は
・肌の保湿性、弾力性をキープ
・たるみやシワの予防・改善
・眼精疲労の改善
・体内の細胞を活性化する
などの働きがあります。

 

目元の大事な要素であるまつげをサポート


毎日アイメイクをしていると、まぶただけでなくまつげにも負担がかかり、抜けたり切れたりしてしまいます。
ドリーミンアイリッチにはそんなまつげのケアも万全です。まつげをケアする成分として上述の「アセチルテトラペプチド」の他に「アカツメクサ花エキス」を配合しています。
アカツメクサ花エキスには大豆の10~20倍のイソフラボンが含まれています。イソフラボンには美肌効果や血流改善効果の他に、薄毛、抜け毛の原因を抑制する効果があります。

 

無添加処方のため、多くの危険性を排除しています


肌の強さは人それぞれです。強い人もいれば弱い人もいるので、どんな人も不安なく使える成分・素材でないといけません。
ドリーミンアイリッチは防腐剤、合成香料、合成着色料、シリコン、界面活性剤、パラベン、鉱物油を一切使用していない無添加処方のため、肌に悪影響を与えにくくなっています。
しかし、防腐剤などが入ってないので清潔な肌に使用し、開封後は3ヶ月以内を目安に使い切らないとドリーミンアイリッチ自体の品質が落ちてしまう可能性があります。

>>ドリーミンアイリッチの詳細はこちら

ドリーミンアイリッチの危険性、使用されている成分 まとめ

目元の皮膚は顔の他の部分に比べてかなり薄くデリケートなため、そこに使用する化粧品やその成分は他の部分に比べて慎重に選ぶ必要があります。
ドリーミンアイリッチに使われているリピジュアは人工的な成分ですが、もともとは人工皮膚や人工臓器などを作るために開発された物質なため、人体への親和性は極めて高いので危険性はほとんどありません(皮膚や臓器に置き換わる目的のものに人体との親和性が無ければ論外ですよね(笑))。ですのでリピジュアは危険性はほぼ無いと言って良いでしょう。

また、ドリーミンアイリッチに配合されている7種類の美容成分には人工的に作られた成分は1つもなく、どれも天然由来のものとなっています。天然由来なので人間の体に悪影響を及ぼす可能性がかなり少ないので、これらの美容成分は安心して使えると言って良いでしょう。さらにドリーミンアイリッチは1つの目的に対して2つ以上の成分で対応している(例えば、肌を引き締めることに対してはローヤルゼリーとゆずを使っている)ので、1つの目的に対する大きな効果が期待できます。

さらに目の周りの肌の事に関してだけでなく、目の印象を大幅に左右するまつげへのダメージにもアカツメクサ花エキスやアセチルテトラペプチドといった成分でしっかりと対応しているので、日頃のアイメイクによるまつげのダメージを優しくケアし、傷んだり抜け落ちたりするということを防ぎます。

ドリーミンアイリッチは自然な二重まぶたを作ることができる二重まぶた美容液ですが、使用されている成分に関しても優秀なため、安心して使用できると言って良いでしょう♪

>>ドリーミンアイリッチの口コミを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です